ヒトラーのそっくりさんが逮捕されたという報道に接して。

オーストリアのブラウナウで、ヒトラーそっくりの格好をした男性が逮捕されたという記事をネットで読みました。
オーストリアではかつてドイツに併合されていた過去もあり、今でもナチスを賛美するような発言をするのは犯罪とみなされるそうです。
また、ヒトラーの格好をして街をうろついていたというこの男性も、自分が何をしていたのかちゃんと理解していたとのことでした。
冗談で済まされないことをしたので、逮捕されるのは時間の問題だと本人も分かっていたことでしょう。
かつてヨーロッパに大きな災厄をもたらしたナチスという存在が、今でもドイツや周辺国で忌避されていることに改めて感じ入りました。
決して記憶をあいまいにせず、ナチスドイツという組織と国家は犯罪的であったと認め、厳しくその責任を追及する姿勢を示したからこそ、戦後ドイツは世界の信頼を取り戻すことができたのでしょう。
それだけに、ネオナチに代表される、かつてのナチスの思想を賛美するような集団が存在することも、また今回のニュースのようにヒトラーの格好をして街に出没するなどして人を混乱させる人物が出てくることも、残念でなりません。
大勢の人を一つの方向に向かせることなど不可能だとわかっていますが、いまだにナチスのおぞましい思想に共鳴する人間が少なからずいるのだということ、そしてそれが他ならぬドイツやその周辺国にいるということがなんとも不気味に感じられました。
しかし、世間の自浄作用というものもまた強力に作用していることも確かです。
以前、「帰ってきたヒトラー」という映画を観たことがあるのですが、主人公・ヒトラーを演じた役者がヒトラーそっくりの格好をして街に出て人々と交流するメイキング映像がありました。
人々が忌避するヒトラーの格好を敢えてすることで、人々の今の社会に対する不満や、ナチスに対する本音などを引き出すためです。
ヒトラーの格好するなんて、冗談きついよ、という顔をしながらも、赤裸々に社会に対する不満を漏らしたり、役者と記念写真を撮る人が大勢いました。
中には敢えてナチスのような強力な政権が誕生してほしいという人までいました。
タブーに敢えて切り込み、人々の本音を聞き出すという大胆な試みですが、きわどい意見を抉り出すという意味では大成功していたと思います。
そして、何よりほっとしたのは、社会がいかに不安定になろうと、ナチスやその思想が復活することなど許されないという断固とした意見を持った人が大勢いたことでした。
かつてナチスによって被害を受けた街にその役者が出没したときには、街の人々の厳しい視線、そしてナチズムに対する糾弾があり、観ているこちらもほっとしました。
その企画をした映画スタッフも、そして当の役者も、ナチスを許さないという人々の厳しい姿勢を知ることができて安心したと語っていました。
ニュース報道などを観ていると、ネオナチなどの右派勢力が日に日に力を増しているような印象ですが、私はまだまだ良心的な人々の力が根強くあり、彼らがいる限りおかしなことにはならないのではないかと思っています。
人の心は弱いものであり、不安になれば強いものに縋りたくなるものですが、どれほど社会が不安定になろうと、自国が起こした戦争を厳しく見つめることのできた人々の良心は強いものだと思います。
今回の騒動を起こした男性も、そうした人々によって改心するチャンスはいくらでもあると思いました。

株価下落中ですが相場の感じに結構慣れてきました

株価が下落中でちょっと気分が下がることもあります。しかし、この下落についても結構慣れてきたかもな?なんて思っているところです。だっていつまでも株価なんて上がっているわけではないですしね。それに株価が下がったときは、それはそれって感じなので買いたいものないかな?なんて地味に銘柄探しちゃったりとか。
今NISA口座が結構あるのでそれを使えたらいいかな?なんて思っているところ。NISAの枠内ならば、積み立てでどんどん積み立てていくこともできるので気になってるセブン銀行の株を買い始めてみようとか考えています。というのも、積み立てでナンピンできるので、株価があがるまで買えるんですもの。銀行株配当も結構高いですし、これからセブン銀行にはかなりお世話になりそうなので今からちょこちょこ買っていこうかなって。月給が下がりますが資産運用をして生活の変化に耐えていきたいです。とにかく今年もしっかりNISA口座の枠を使いきって、目指せ1000万円って感じです。即日融資でお金を借りるランキング